ここでは前のページで決めたジャンルを、

誰に向けて発信していくのかを決めていきます。


情報はただ書けば良いというものではありません。

誰に向けて書くのかが重要になってきます。


例えば先ほどの例でも使った足冷えの場合は、

同じ足冷えの悩みでも男性の場合と女性の場合とでは、

悩んでいることが違います。


足冷えで悩んでいる女性の場合は冬だけではなく、

夏でもクーラーの効きすぎで足冷えに悩まされています。


それに比べ男性の場合は

主に冬場だけということが多いようです。

その場合反応する言葉が違ってきます。


足冷えで悩む男性は

夏は足冷えを起こさないので、

夏の足冷え対策には興味がありません。


それに比べ女性は夏でも冷えていることが多いので、

夏の足冷えにも反応します。


このようにターゲットを誰にするのかによって

記事の内容が変わってきます。


漠然と足冷えにしてしまえばいい!

と思った方がいるかもしれませんが、

実はそれでは反応が薄いのです。


夏のクーラーの効きすぎで

足冷えに悩んでいるのか?


それとも冬の寒い時期だけの足冷えで

悩んでいるのか?

によって、

悩みの質が違ってくるからです。


それに年齢によっても変わってきます。

加齢による筋力の低下や

運動不足などによるものなのか?


若い方でも代謝が悪かったり

血行不良で起こることもあります。


こういう場合は原因が違うので

対策も変わってきます。


加齢による筋力の低下や運動不足が原因の場合は、

運動することで症状を緩和することができます。


代謝や血行不良の場合は代謝をあげる方法や、

血行を良くする方法などを行う必要があります。


このように同じ悩みでも

原因が違うので対応策も変わってくるのです。


この時、漠然と足冷えだけの事を書いていても、

俺の事じゃないなとか、

私の事ではないなと思ってしまうのです。


これを事細かに設定したとしましょう。

まずターゲットは足冷えで悩んでいる方。


年は50代、性別は男性。

足冷えの原因は加齢による筋力の低下や運動不足。


こういう風に事細かにターゲットを決めると、

その悩みが見えてきます。


その悩みを解決する記事を書いていくと、

検索で訪れた訪問者の方が、

あ、これって俺の事だと思うようになります。


こう思われるようになると

それだけ真剣に記事を読んでくれるようになり、

その関連として表示された広告も

高い確率でクリックしてくれるようになります。


このように誰をターゲットに書くのかという事を、

事細かに設定していくと

反応の良い記事を書くことが出来るようになります。


なので誰に向けて書くのかを明確に決めてから

記事を書くようにしましょう。


記事を書いても読まれないというのは、

ターゲットが明確になっていないからです。


ターゲットを明確にすれば

反応は上がっていきますので、

事細かにターゲットを設定するようにしましょう。


次はサイトのキーワードの決め方です。

3-3 サイトのキーワードを決める。

Googleアドセンスで

月に3万円稼げるようになりました。

Googleアドセンスで

月に3万円稼いだ方法は

下のバナーをクリックして読んで下さい。