前ページでは検索エンジンのサジェスト機能を使って、

キーワードを決めていく方法を説明しました。

このページでは同じく検索エンジンのサジェスト機能を使って、

記事のタイトルを決めていく方法を説明します。


記事のタイトルは非常に重要なもので、

検索エンジンからも重要視されています。

そのためアクセスを多く集められるかどうかは、

記事のタイトルにかかっていると言っても過言ではありません。


でも、キーワードばかりを気にしておかしな記事タイトルをつけてしまっては、

検索で上位表示されても読まれることはありません。

やはり訪問者の気を引くような記事タイトルにしなければいけないのです。


そのためには記事タイトルにキーワードを入れつつ、

魅力のある記事タイトルを考えなければいけません。


どんなに魅力ある記事タイトルをつけても、

キーワードを無視してしまっては、

検索エンジンの評価が低くなり上位表示されることはありません。

そのためバランス良くきめる必要があるのです。


記事タイトルを決める際にはまずは、

先ほどのサジェスト機能を使ってキーワードの関連候補を見つけます。

見つけたら、キーワードと関連候補を使って記事タイトルを決めていきます。


今回も例は足冷えで考えてみましょう。

足冷えで検索するとサジェスト機能で表示される関連候補はこうなります。




足冷える原因、足冷える、足冷え性、足冷えグッズ、

足冷え対策などが表示されます。

この中から記事にする関連候補を決めます。

今回はキーワードの足冷えと関連候補の対策を使って記事を書く事にします。


記事の内容は足冷えの対策方法を紹介する記事です。

まずは足冷えを起こす原因を紹介し、

どんな理由で起こるのか?

そして対策方法などをまとめます。


この対策方法をまとめるときに例えば3つの対策方法があったとします。

するとこの3という数字を使って記事のタイトルをつけていきます。

記事のタイトルに数字を入れると人の目を惹きつける効果があります。


それでは実際に記事のタイトルを決めてみましょう。

キーワードの足冷えと関連候補の対策を使って記事を書きましたので、

記事のタイトルは『足冷え対策』や『足冷えを防ぐ対策方法』などが考えられます。


でも、この記事タイトルではちょっと訴求力が弱いですよね。

そこで先ほどの数字を使い訴求力をあげていきます。

数字を使った記事のタイトルはこのようなものが考えられます。

『足冷え対策には3つの方法があった!!』

『足冷えを防ぐ3つの対策方法はこれだ!!』


このように数字を使う事で、

訴求力のある記事タイトルを付けることができます。


記事タイトルを決める上で重要な事は、

キーワードと関連候補を盛り込みつつ、

数字を使い訴求力のある記事タイトルにすることです。


キーワードを意識するあまり意味の通らない記事タイトルでは読まれません。

かといってキーワードと関連候補を無視して決めてしまうと、

今度は検索で上位表示が難しくなります。


そこで先ほど紹介したような手法を使って記事タイトルを決めていきます。

これは数をこなしていくと段々うまくなっていきますので、

最初のうちは意識して記事タイトルを決めるようにしましょう。


次はサイト設計図の作り方です。

3-5 サイト設計図を作る。

Googleアドセンスで

月に3万円稼げるようになりました。

Googleアドセンスで

月に3万円稼いだ方法は

下のバナーをクリックして読んで下さい。