アドセンスのアカウントが取得できても安心してはいけません。

グーグルアドセンスの規約は変更されることがあるため、

定期的に規約をチェックし規約違反がないかどうかチェックします。


せっかく取得したアドセンスアカウントなので、

規約違反などで停止されないように注意しましょう。


このほかにもアドセンスアカウントが停止される可能性があるのが、

他人によるなりすましです。

アドセンスの広告コードは他人でも簡単に見ることが出来ます。


IEの場合であればメニューバーから表示→ソースで、

他人のアドセンスコードを見ることができます。

このコードをコピーすればなりすますことが出来ます。


なりすましてアドセンスの規約で禁止されている、

コンテンツがあるサイトにこのコードが貼られることで、

アカウント停止になってしまう可能性があるのです。


これは以前から行われていたことでアドセンス狩りと呼ばれています。

このように自分が注意するだけではなく、

他人のいたずらや悪意でアカウント停止になってしまう可能性があるのです。


そこでここでは他人のいたずらや悪意に対処する方法を紹介します。

グーグルアドセンスには登録したサイトにのみ、

広告コードの使用を許可する機能がありますのでこれを使います。


まずはアドセンスの管理画面に行きます。

赤で囲った部分をクリックしメニューを表示します。


そして次に設定をクリックします。


自分のサイトをクリックします。


サイトの管理画面になります。

ここで右上の+をクリックします。


新しいサイトを追加する画面になります。


ここで自分のサイトのURLを入力しサイトを追加をクリックします。


するとこのように自分のサイトを登録することができました。

これで登録したサイト以外にはたとえコードを貼られても問題ありません。


次に設定を確認します。

赤で囲った部分をクリックします。


サイトの認証をクリックします。


ここで赤で囲ったスイッチがONになっているかどうかを確認します。

上の画像のようになっていればOKです。

もしなっていない場合はスライドさせONにしてください。

保存をクリックします。


サイトの認証は有効ですと表示されていれば設定は完了しています。

この機能を使う場合の注意点

この機能は登録したサイト以外ではコードの使用が許可されていません。

そのため他人のいたずらや悪意からアドセンスアカウントを

守ることが出来ます。

でも、逆をいうとサイトを登録しないと

コードの使用が許可されないという事です。

そのため、たとえ自分のサイトでも登録忘れがあると収益になりません。

それを防ぐためにもこの機能を使う場合は登録忘れに注意しましょう。



それでは次はアドセンス管理画面の見方です。

4-4 アドセンス管理画面の見方

Googleアドセンスで

月に3万円稼げるようになりました。

Googleアドセンスで

月に3万円稼いだ方法は

下のバナーをクリックして読んで下さい。