ここではアドセンスの管理画面の見方を説明します。

アドセンスの管理画面はこのようになっています。




赤で囲った部分をクリックするとメニューが表示されます。

見積もり収益とはあくまでも見積もり額で確定の収益ではありません。

その日の収益の目安として見るものです。


見積もり収益の本日は現時点までの見積額です。

昨日、過去7日間、今月もそれぞれ同じく、

その期日の見積額となりそれぞれ比較が表示されます。


その隣の残高は報酬額の残高となります。

アドセンスの支払いは日本円で8,000円になると支払われます。

8,000円に満たない場合は翌月に繰り越され、

その残高がここに表示されます。


下にある掲載結果は昨日と先週の同じ曜日との比較が表示されます。

ページビューはその名の通りあなたのサイトが表示された回数です。

次にページRPMとは1000回表示された時の見積もり額です。

その広告が1000回表示されたら、この位の収益になりますよという目安です。


表示回数とは広告が表示された回数です。

クリック数はそのままでクリックされた回数を表示します。

CPCはクリック単価です。

1クリックされた時の収益額を表示します。


ページCTRとはクリック率の事で、

例えば1000回表示されたうちに8回クリックされた場合は、

0.8%となります。


その横のサイトは現時点までのサイトごとの見積額、

ページビュー、クリック数が表示されます。

これも確定額ではありませんので目安として見て下さい。


グーグルアドセンスのメニューを表示させると、

このようなメニューが表示されます。


ここで出来ることは広告の設定、広告の許可とブロック、

そしてレポートの表示、設定です。

広告の設定では広告ユニットの作成やコードの取得を行います。


広告の許可とブロックは自分のサイトに表示させる広告の種類を設定できます。

主な使い方としては、収益性の悪い広告や、

クリック単価の低い広告をブロックしたりします。

こうすることでクリック単価の高い広告や、

クリック率の良い広告を選んで表示させることが可能です。


パフォーマンスレポートは、広告ユニットごとの収益や、

サイトごと、日にち、月ごとなど細かい設定で収益を見ることができます。

ここで見られる収益額も見積もり額なので目安としてみます。


次の設定はアカウントの設定や自分のサイトの登録、

アクセスと認証、ステータス、お支払の設定などが出来ます。

ヘルプはアドセンス管理画面の使い方や用語の解説を見ることができます。

お問合せはグーグルに何か質問があるときに使います。


このようにアドセンスの管理画面は色んな機能がありますので、

実際に使ってみて使い方を覚えるようにしましょう。

このサイトではアドセンス管理画面の最低限の使い方を説明します。


それでは次はアドセンス広告の作成と管理方法です。

4-5 アドセンス広告の作成と管理方法

Googleアドセンスで

月に3万円稼げるようになりました。

Googleアドセンスで

月に3万円稼いだ方法は

下のバナーをクリックして読んで下さい。