Google XML sitemapsは

自動でサイトマップを生成してくれる

ワードプレスのプラグインです。


Google XML sitemapsは

人が見る用のサイトマップではなく、

検索エンジン用の

サイトマップになります。


サイトマップを作成し、

Googleサーチコンソールで

設定すれば、

検索エンジンへのインデックス(登録)が

早くなります。


なので、Google XML sitemapsは

ワードプレスインストール後に

インストールし

Googleサーチコンソールで

設定しておくと

あとは自動で送信してくれます。


そして検索エンジンのクローラも

早く呼び込むことができるので、

ブログ開設時にインストールしましょう。

Google XML sitemapsのインストール方法

まずはワードプレスの

ダッシュボードから

プラグイン→新規追加をクリックします。


赤で囲った部分に

Google XML sitemapsと入力します。


すると下に検索結果が表示されますので、

Google XML sitemapsを探し

今すぐインストールをクリックします。


Google XML sitemapsの

インストールが済んだら、

赤で囲った有効化をクリックします。


これでGoogle XML sitemapsの

インストールは完了です。

Google XML sitemapsの設定方法

Google XML sitemapsは

ほぼ初期設定のまま使えますが、

少しだけ設定を変更します。


ワードプレスのダッシュボードの

設定にカーソルを合わせると、

インストールされた

プラグイン一覧が表示されます。


ここでGoogle XML sitemapsを

クリックします。


赤で囲った部分が

Google XML sitemapsで

自動作成された

サイトマップのアドレスになります。


このアドレスは後で

Googleサーチコンソールの設定で

必要になります。

メモしておきましょう。


基本的な設定はデフォルトのまま使います。


投稿の優先順位は

優先順位を自動的に計算しない

チェックを入れます。


Sitemapコンテンツは、

ホームページ、投稿(個別記事)を含める、

個別ページを含める、

カテゴリーページを含める、

最終更新時刻を含める

チェックを入れます。


Change Frequenciesは

投稿(個別記事)を毎週に変更します。

あとはデフォルトのままで大丈夫です。


優先順位の設定は1.0(非常に重要)から

0.1(ほとんど重要でない)の間で

設定します。


投稿(個別記事)、投稿優先度の最小値、

カテゴリー別を0.8に設定します。


設定が終わったら、

設定を更新をクリックします。


これでGoogle XML sitemapsの

設定は完了です。

終わりに

Google XML sitemapsは

自動でサイトマップを生成してくれます。


そしてGoogleサーチコンソールに

一度送信しておけば、

あとは自動でサイトマップを

Googleに送信してくれます。


サイトマップをGoogleに送信しておくと、

検索エンジンに早く

インデックスされるようになります。


それとは別に新規で作った記事の

送信漏れもなくなりますので、

ワードプレスをインストールしたら、

Google XML sitemapsも

忘れずに

インストールするようにしましょう。


そしてGoogle XML sitemapsの

効果をより一層上げるために

Googleサーチコンソールに

サイトマップの設定をして下さい。


Googleサーチコンソールへの

サイトマップの設定方法は

下のリンクから読むことができます。

Googleサーチコンソールにサイトマップを送信する方法


Google XML sitemapsで、

自動生成されるサイトマップは、

検索エンジン用のサイトマップです。

人が見るサイトマップではありません。


人が見るサイトマップの

インストールと設定方法は

下のリンクから読むことができます。

Ps Auto sitemapのインストールと設定方法

Googleアドセンスで

月に3万円稼げるようになりました。

Googleアドセンスで

月に3万円稼いだ方法は

下のバナーをクリックして読んで下さい。