アドセンスで稼ぐためには、

サイトの滞在時間を延ばすことは重要です。


例えばあなたのブログで1ページ読まれるよりも、

2ページ、3ページと読まれる方が、

アドセンスの表示回数も増えてきます。


アドセンスの表示回数が増えることで、

アドセンス広告をクリックしてもらえる可能性が増えるのです。

内部リンクを使う

内部リンクとは自分の記事と記事をリンクで繋ぐことです。

例えばG-mailの使い方を説明したページを書いたとしましょう。

そして以前にG-mailの取得方法の記事を書いていたとします。


これらの記事はそれぞれG-mailに関する記事が書かれています。

という事は関係のある記事なので、

G-mailの使い方を説明したページから、

取得方法を説明したページへとリンクを貼るのです。


使い方としては、

G-mailを取得しておくと、

グーグルの色んなサービスが使えるようになり便利です。

こんなに便利ならG-mailを取得しておいた方がいいですね。

G-mailの取得方法は以前の記事で書いていますので、

気になる方は読んでみて下さいね。

G-mailの取得方法(リンク)


こんな感じで記事を書いていると、

G-mailの取得に興味がある人が読んでくれます。

もともとG-mailに興味がある人がアクセスしてきているので、

このような内部リンクを設置しておくと、

かなりの高い確率で読んでくれます。


こういうリンクを増やしておけば、

1ページ、2ページとどんどん読んでくれるようになります。

関連記事を表示する

関連記事とは、名前の通りその記事と関連のある記事の事です。

例えばこのブログであれば、

カテゴリーは8個に分かれています。


今書いている記事は使えるテクニックというカテゴリーに属します。

という事は使えるテクニックのカテゴリーの中に書かれた記事とは、

関連があるということなのです。


その関連記事を表示しておくことにより、

その記事に興味を持ってくれた方は、

関連記事にも高い関心を持ってくれ、

読んでくれる可能性が高いのです。


良くブログなどでこんなものを見かけませんか?

これは私が運営している他のブログのものですが、

こういうものが関連記事になります。


記事を読んでくれる方というのは、

アクセスした記事に関心があるということなので、

その関心がある記事の関連記事を表示しておくと、

読んでくれる可能性が高くなります。

終わりに

ブログへの訪問者の数を増やすことは難しいことですが、

ブログへアクセスしてくれた方の滞在時間を延ばす方法は、

意外と簡単です。


ブログへ来たという事は、

その記事に興味があるということなので、

その記事に関連することを、

内部リンクや関連記事で表示すると、

高い確率で読んでくれます。


ブログの滞在時間が長くなると、

それだけアドセンス広告を見てくれることになります。

1ページよりも2ページ、3ページと、

どんどん読んでもらえるように、

積極的に内部リンクや関連ページの設定を行いましょう。


ブログの滞在時間が増えると、

アドセンス報酬も伸びることになりますよ。

Googleアドセンスで

月に3万円稼げるようになりました。

Googleアドセンスで

月に3万円稼いだ方法は

下のバナーをクリックして読んで下さい。