WP-Optimizeは自動で

データーベースのクリーンアップを

してくれるプラグインです。


ワードプレスは自動バックアップや

プレビューを実行するたびにたまる

リビジョン機能があります。


これらの機能があるため、

ほったらかしにしていると、

必要のないデーターで

データーベースがいっぱいになり、

動作が重くなってしまいます。


そこでWP-Optimizeを使うと、

自動でデーターベースを

クリーンアップしてくれます。


定期的に削除するように

設定しておくと、

あとはWP-Optimizeが自動で

データーベースを綺麗にしてくれます。

WP-Optimizeのインストール方法

まずはワードプレスの

ダッシュボードから、


プラグイン→新規追加をクリックします。


赤で囲ったキーワードのところに、

WP-Optimizeと入力します。


すると下に検索結果が表示されます。

この中からWP-Optimizeを探し、

今すぐインストールをクリックします。


WP-Optimizeはインストールされます。


インストールが終了したら、

有効化をクリックします。


これでWP-Optimizeの

インストールは完了です。

WP-Optimizeの設定方法

WP-Optimizeを

自動でクリーンアップするように

設定していきます。


ワードプレスのダッシュボードから、

WP-Optimizeをクリックします。


WP-Optimizeが表示されます。

ここで設定タブをクリックします。


WP-Optimizeの設定画面になります。


まずは上の赤で囲った、

直近2週間分のデーターを保持する

にチェックを入れます。


次にEnable scheduled

clean-up and

optimization (Beta feature)

にチェックを入れます。


すると、

このようにチェック項目が出てきますので、

上の画像のようにチェックを入れます。


チェックを入れ終わったら、

設定を保存をクリックします。


無事に保存されると

設定を保存のボタンの横に、

チェックマークが表示されます。

WP-Optimizeの手動での使い方

WP-Optimizeは

手動でも使うことができます。


このようにリビジョンが

溜まった時などに使います。


ワードプレスのダッシュボードから、

WP-Optimizeをクリックします。


WP-Optimizeの画面になります。

ここで画面を下にスクロールします。


WP-Optimizeで削除できる項目が

表示されます。


個別に削除するときは、

削除する項目にチェックを入れ、

最適化を実行を

クリックすると

個別に削除することができます。


削除する項目にチェックを入れ、

画面を上に戻します。


ここで赤で囲った、

Run all selected optimizations

クリックします。


すると、

このようにチェックを入れた項目が

削除されていきます。


先ほどリビジョンで

いっぱいだったものが、


このように全て削除されています。

終わりに

ワードプレスで

サイトやブログを運営していると、

気がつくと

必要のないデーターでいっぱいになり、

動作が重くなることがあります。


これを防ぐためには、

データーベースのクリーンアップが

必要になってきます。


WP-Optimizeは一度設定しておくと

あとは自動で定期的に

データーベースを綺麗にしてくれます。


WP-Optimizeのインストールも

設定も簡単なので、

WP-Optimizeも

インストールするようにしましょう。

Googleアドセンスで

月に3万円稼げるようになりました。

Googleアドセンスで

月に3万円稼いだ方法は

下のバナーをクリックして読んで下さい。